IzuGraceSalon-news

伊豆高原にある大人の寺子屋「IzuGraceSalon」のnewsや活動報告のブログです。

サロンの想い-2

昔でいうご近所づきあい。
冠婚葬祭のたびに、近所の人たちが協力して
取り組んだり、お祭りがあったり、
お互いが当たり前のように助け合う時代があった。

しかし現代は、生活スタイルも異なるし、
核家族化はどんどん進んでいるので、
なかなか成立しなくなっているコミュニティ。
人間づきあいの仕方も変化しているので、
煩わしいと感じている方が多いのも事実。

とはいえ、なんとなくずっと、
コミュニティというものが必要だと、
私の社会的本能が私に訴え続けていました。

20代で掲げた夢に、40歳になったら「児童館」をつくる。
というものがあるのですが、
児童館→大人の寺子屋に形は変えたものの、
コミュニティを形成する「場」を作りたいというものは
若い頃から持っていました。

人と人とがつながりあうことで生み出される力の可能性や、
人と人とが支えあうことで、幸せを感じられる社会をつくることが
未来の子どもたちに希望を見せることができると
心から信じているのです。

強制ではなく自由にゆるやかに
つながれる場という、現代の方達にとっても、
入りやすいことを意識しています。

そして「長」という形のリーダーではなく、
ファシリテーターという形で私自身が存在し、
いらしてくださる方の強みを引き出し、
強みで関われるようにコーディネートしています。

要はコミュニティにいることで、
劣等感をいただく必要もないし、
無理やり苦手なことを提供する必要もない。

お互いがお互いの人生に真摯に関わり、大切にできれば
それだけで大丈夫という感覚を持って頂きたいのです。

人は生きていれば、知らぬ間に誰かにサポートされ、
知らぬ間に誰かをサポートしているものです。
それを意識的に有機的につなぐ場が、私のサロンとも言えます。

そのことで双方が自分自身を肯定でき、
お互いを大切にできると信じています。

そんな想いでサロンde先生という企画をつくったり、
対話会でお互いの人生がお互いをサポートできることを
感じてもらいたいなと思っています。

なんの強制もありません。
あるのはルールだけ。

・お互いの存在(人生や、話など)を大切に尊重する。
・お互いの大切なプライバシーを守る
・オープンマインド(探求心を持って自分の枠を超える)

これからも、サロンへの想いを大事に、
なんとか続けていけるように努力していきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2015年11月17日 投稿者: カテゴリー: 想い

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。